第33回合同軍歌会開催される!!!

第33回合同軍歌会は令和2年1月11日、横浜関内の「YOKO」で開かれました。

今回は参加者が20名(歌唱者は19名)でした。

 

昨年、当会の重鎮で有り最長老であったT先生が残念ながらお亡くなりになりました。会場では先生の遺影と軍服を掲げ、開始前には在りし日の映像を映し出し故人を偲びました。

またピアノの前には、過去の主な物故会員の方々のお名前と写真を掲げ、ご冥福をお祈りいたしました。

 

開始時間になりましたので総合司会をいつもお願いしております「軍歌を歌い継ぐ会」会長の肥後もっこす様より挨拶の後、当会会長テンプラ様より挨拶と新規参加者の紹介。

 

その後、T先生等故人を偲び黙祷と献杯を行い、その後いよいよ歌唱がスタートしました。

 

第一部はテンプラ会長の曲紹介です。

T山様「嗚呼神風特別攻撃隊」

横軍のはや~会長の十八番「嗚呼北白川宮殿下」

初参加のO田様「ああ我が戦友」素晴らしい美声でしたね

こちらも初参加O山様「愛国行進曲」何と御年91才でお年を全く感じさせない見事な歌唱でした

キー61様「暁に祈る」

T先生の愛唱歌だった「憧れの荒鷲」と追悼歌として国鉄形列車砲様が唄いました

続いてO山様の国民歌謡「朝」

暁様、「アッツ島決戦勇士顕彰国民歌」

肥後もっこす様「海の初陣」

看護婦長様「海の進軍」

是俊様「海軍将校の母」は初歌唱曲でした

重鎮のK様は「学徒空の進軍」

是俊様「北に飛ぶ」これも初歌唱曲でした

ゆめこうじょう様「月下の進軍」

堺N様「決戦の海」いつも歌声は勿論衣装でも楽しませてくれるN様ですが、今回は国民服でのご登場でした

国鉄形列車砲様「航空日本の歌」

雲葉42様「国民学校の歌」

 

第一部の終了曲はT先生の愛唱歌「江田島健児の歌」を全員で合唱し休憩に入りました

 

第二部は曲紹介が看護婦長様に代わりました

会員の歌唱の前に特別ゲストのキングレコード所属、黒岩安紀子様にご登場いただき「肩のリボン」「ああソロモンに生きる」「知覧の母」の3曲を唄っていただきました

流石のプロ歌手の歌唱には、皆聞き惚れていましたね

さてここから会員の歌唱になりますが

ゆめこうじょう様「さくら進軍」

看護婦長様「シャンラン節」

雲葉42様が「銃後の日本大丈夫」を声なき凱旋様の亡き奥様への追悼歌として唄われました

国鉄形列車砲様「勝利は翼から」

K様「進軍の歌」

はや~会長「戦艦大和の歌」迫力のある歌声は健在ですね

T山様「船舶隊の歌」

同じくT山様「船舶特別幹部候補生の歌」

肥後もっこす様「そうだその意気」

堺N様「続 露営の歌」

O田様「大航空の歌」

初参加のA様「大東亜決戦の歌」青年将校の様な凛々しい歌声でした

いつもダンディなi様「波蘭懐古」

A様「橘中佐」

暁様「敵は幾万」

ユーモラスな「点数の歌」を堺N様が唄いました

第二部最後ははや~会長の「東郷元帥」で、ここでしばしの休憩に入りました

 

第三部の曲目紹介はキー61様に代わりました

三部のトップはそのキー61様「隣組」でした

続いて是俊様の「友と友」初歌唱曲でした

続いても初ものでスイロネフ37様の「なつかしの蕃者」

O田様の「南進男児の歌」

テンプラ会長の「針尾生徒の歌」これはT先生が針尾学校の最後の卒業生だったということで追悼歌として唄われました

続いてキー61様「飛燕戦闘機隊隊歌」

A様「日の丸行進曲」

「婦人愛国の歌」は雲葉42様で初歌唱曲でした

ゆめこうじょう様「吹雪の進軍歌」

続いては着物姿も艶やかな看護婦長様「身代わり警備」でした。これは美ち奴の曲でCDでも聴けますが初歌唱曲とは意外でした 

続いては肥後もっこす会長「皇国の母」

暁様の同名映画主題歌「燃ゆる大空」

I様はご自身で楽譜を持ち込まれ「夢飛行」を唄われました

「陸軍士官学校校歌」O山様、テンプラ会長、O田様の合唱でした

続いてはテンプラ会長のソロで「連合艦隊行進曲」

三部の最後は「我が海軍」I様の歌唱でした

 

 

この後いつもの様に「同期の桜」を全員で合唱し、テンプラ会長の閉会の挨拶の後記念撮影で会は終了いたしました

 

次回は7月11日に開催いたします

それではまた元気でお会いいたしましょう

 

皆様お疲れ様でした!!!