第30回合同軍歌会開催される!!!

平成307月7日土曜日の七夕の日、合同軍歌会の回を数えて30回大会が開催されました。

今回は西日本豪雨の影響で久しぶりに参加予定の島根I様がバスの欠便で来られず、博多アンカーのY様は所要の為、欠席になりました。

その他の参加予定のメンバーは無事に元気な姿を見せてくれました。特別ゲストの黒岩安紀子様、満鉄会のY様、故S様の御子息も来られ歌唱も披露されました。 

 

まずは横浜軍歌愛好会はや~会長の挨拶から。珍しく今回は私服姿でした。続いてS様御子息の挨拶、重鎮のK様の乾杯で、いよいよスタート!

今回のトップバッターはおじいちゃんと孫娘の趣でT先生と千葉のM様の「愛国行進曲」でした。第一部は初歌唱曲として「印度航空決戦の歌」「エノケンの上海の街角(東海林太郎の替え歌)」「君が代1番~5番」等のレアな曲が出て盛り上がりました。仕事の都合で遅れられた軍歌を歌い継ぐ会の松木会長も無事到着。本来ならばトップ歌唱曲の「あゝ我が戦友」を早速唄われました。

 

はや~会長「興亜青年行進曲」は豪華なバックコーラスで大盛り上がりでした。

第二部の前に特別ゲストの黒岩安紀子様に2曲唄っていただきました。 

「あゝラバウルに飛ぶ」「知覧の母」素晴らしい情感を込めた歌声は流石にプロと感心した次第です。

第二部も色々な趣向がありました。「蘇州夜曲」では何故か皆がダンスを踊り始め、ダンスパーティ会場になりました。皆さん、楽しそうで良かったです。唄っていただいた千葉のK様の美声にはいつもながら惚れ惚れします。

堺のN様は持参の軍装(本物)で唄われ、楽しませていただきました。 

第三部後半は雲葉42様の「満洲」シリーズが3曲続きました。バックコーラスも付いて大盛り上がりでした。満洲国皇帝陛下と皇后陛下に扮した堺のN様とI婦長が花を添えてくれました。

最後は全員で円形になって肩を組み「同期の桜」を唄ってお開きになりました。 

それではまた来年1月にお会い致しましょう。 

皆様、お疲れ様でした!!!