第23回合同軍歌会を終えて

平成27年1月10日(土)午後12時45分より横浜「YOKO」にて第23回合同軍歌会が開催されました。欠席者が2名ありましたが、歌唱者23名、見学者4名総勢27名の軍歌愛好家が集いました。

新曲14曲を含み、68曲を熱唱しました。

さて、今回ほど出席者の気持ちがにじみ出た会となったのは初めてだと思いました。皆さんの軍歌好きがここまで来たのかと思わずにはいられませんでした。当日の模様をご紹介しましょう!!!

まずは何といっても588姉さんとご主人との息の合った「皇軍入場」でしょう。

総合司会のM様の音頭で全員が皇軍入場に際し、歌唱に影響しない程度に小さく、しかも力強く“万歳”を歓呼して場を盛り上げましたね。

今回は千葉のまゆちゃん、島根のWちゃん、博多アンカーの桜ちゃんが来られましたので、女性陣と同席されましたいつも温厚、冷静沈着かつ最後の海兵隊ご出身にの横浜T様も思わずにっこりされたのが印象的でした。羨ましかったですね。

次に印象的だったのは両婦長によって歌唱された「女子挺身隊」でした。二人はいつも仲が良くて声も通るし、音程もしっかりしているので大変聞きやすく、皆さんに感動を与えましたね。

さらに大変息の合った歌唱がありました。それは雲葉42様と千葉のまゆちゃんによる「フクちゃんと兵隊」です。千葉のまゆちゃんはお顔もかわいいですが、声もさらにかわいらしい声を発声されるので「フクちゃん」の役にぴったりでしたね。

588姉さんも合いの手を入れられ、雲葉42様はまさにご満悦の状態でした。

まだまだご紹介する歌唱があります。588姉さんが歌唱されました「陸奥の吹雪(10番まで)」です。すべてを諳んじて歌唱される姿はびっくりするというより威厳を感じましたね。八甲田山で遭難した軍隊を朗々と歌われ、時折、間奏部分をピアノのI先生に「ハイ」と言って督促されました。迫力も満点でした!!!!

圧巻は堺のN様が歌唱された「村は土から」でしたね。自分の出番の10分ほど前より着替えをされて村人になりきって唄われたのは大変良かったです。この日のためにネットを通じて稲穂まで用意されたN様に感銘しました。

今回ほど、参加者を楽しませてくれた軍歌会はなかったですね。皆さん心行くまで楽しまれたものと思いました。最後に参加者全員で記念撮影を行い、本日の会を終了しました。

皆様、お疲れ様でした。 

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    雲葉42 (月曜日, 19 1月 2015 20:44)

    先日の合同軍歌会は素晴らしい衣装やアクションで今までには無かった内容での盛り上がりで、これこそ軍歌の祭典と言った感じですね。これは皆様の軍歌に対する思いがそれぞれの演出やアクションに表れているのではないかと感じる次第です。もう次回のことが今から楽しみになってきました。出席者の皆様にはいろいろと楽しませて下さり感謝いたします。

  • #2

    まゆこ (金曜日, 23 1月 2015 00:46)

    今回もとっても楽しく参加させていただきました!選曲には毎回悩みますが、次回はわたしもちょっと毛色の変わったものにもチャレンジしてみたいです。ぜひまたよろしくお願いします

  • #3

    588姉さん (日曜日, 08 2月 2015 12:48)

    1月10日は、皆さん本当にありがとうございました。2月は軍事関係の多い月ですね。2月4日は、威海衛海戦、2月10日、日露戦争始まり、2月11日紀元節、2月12日日清戦争終決、2月14日、スマトラ島パレンバンに陸軍落下傘部隊上陸、2月15日、シンガポール陥落、2月22日、爆弾三勇士、2月23日、第1次決死隊閉塞隊、2月26日、二二六事件・・・・・・・・・・・・まだ何かあると思いますが。