第42回帝国陸海軍軍楽隊大演奏会・軍装会を終えて

平成26年10月18日(土)正午より日本青年館では最後であり、軍歌祭としても終焉となる第42回帝国陸海軍軍楽隊大演奏会並びに軍装会が開催されました。

今回の開催に当たっては4月の軍歌祭が軍楽隊が参加しない中での開催であったのに対し、軍楽隊が出演した誠に最後に相応しい軍歌祭となりました。これらは当日の観客の皆様の反応をみれば十分に納得できるものと思います。

残念なことは、あれほど当日を楽しみにし、横浜軍歌愛好会の指揮をとっていただく予定になっていた高澤智昌先生が体調不良のため欠席されたことであります。

もう一つ残念なことは大東亜記録保存会の理事長である中田俊男殿が8月31日に逝去されたことであります。

軍歌祭の行く末を何より案じられていた方が逝去されましたことは、この演奏会の終焉を名実ともに語ることになりました。横浜軍歌愛好会としてあらためて衷心よりご冥福をお祈りいたします。

 

さて、軍歌祭当日は元航空幕僚長である田母神俊雄氏、日本を守る会事務局長の諸橋茂一氏、新しい教科書をつくる会の岡野氏をお迎えし、最後に相応しい軍歌祭に花を添えていただきました。田母神氏の挨拶を聞いていると、混沌とする日本から未来の希望がわく日本へ変えていただける気がしたのは当日の参加者全員であったと思えます。

挨拶の随所における拍手と激励を込めた笑いが物語っていると思いました。

横浜軍歌愛好会、大東亜合唱団、博多アンカーによる歌唱披露では第1部で「熱砂の誓い」「三重海軍航空隊隊歌」を力いっぱい歌い上げました。

過去での歌唱では横浜軍歌愛好会の旗のみが翻ってましたが、今回は横軍旗以外に大東亜合唱団旗、合同軍歌会旗、大阪軍歌の集い旗の4本の旗が翻りました。ポールの関係上、博多アンカー機動部隊旗はステージに小上がり部分に掲示させていただきました。

それにしても田母神氏をはじめとし来賓三方を含め総勢23名の大合唱は大変迫力あったものと思います。

第2部は三鷹先生の「飛燕特別攻撃隊」をピアノ演奏により熱唱され、観客も最後のフレーズを大きな声で合唱したのも印象に残りました。引き続き黒岩安紀子さんの「知覧の母」の熱唱され、こちらも良かったです。

 

第3部でも合同軍歌会として「江田島健児の歌」「大東亜決戦の歌」を披露しました。

全員合唱の「愛国行進曲」「日の丸行進曲」「海ゆかば」により最後の軍歌祭を軍楽隊の出演で迫力を示しつつ終了しました。

栗林館長の次につながる観客への問いかけで、是非次もやってもらいたいとの拍手が起こりましたが、軍楽隊抜きでは成就できないことを館長にあらためてわかってほしいということを申し添えたいと考えます。

最後になりましたが、今回の開催に当たり、幾多の困難を乗り越えて開催にご尽力していただきました関係各位にお礼申し上げます。

お疲れ様でした!!!!

 

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    雲葉42  (月曜日, 27 10月 2014 15:19)

    先日の演奏会ではお世話になりました。日本青年館の解体と共にこの演奏会も消えてしまうのは大変残念な思いであります。そういうことでは皆様リハーサルの時から歌唱に力が入っていたように思いますが、残念なのは第一部での我々の歌唱三曲とも途中で演奏が打ち切られてしまって、最後まで歌えなかったことです。リハーサルの時には全て曲の終わりまで上手く行っていたのに、何故本番でしかも三曲立て続けで途中の打ち切りには皆様かなり頭に来ていることと存じます。観客には何事もなかったかのように振舞っていましたが、何とも後味の悪い演奏会であったと思います。指揮者の方は自分のミスを認めておりましたが、後の祭りでした。せめての救いは其々の会の軍旗が四本揃って、壇上で振られて盛り上げてくれたことだと感じております。 今回の演奏会での軍楽隊の復活は何と言ってもはや~会長のご尽力の賜物であり、また田母神先生の参加も全て会長の努力があったからこそであり、会長のご努力とご尽力には敬意を表する次第であります。 またいつの日か違う形でもいいから是非演奏会の復活を願いたいところであります。 皆様当日は朝早くのリハーサルから一日中お疲れ様でした。

  • #2

    森俊之:軍楽隊メンバー (月曜日, 17 11月 2014 00:02)

    横浜軍歌愛好会及び当日参加された合唱の皆様へ。最後の演奏会ありがとうございました。又、演奏時に唄の回数が少なくなってしまいました事に対しお詫び申し上げます。高澤先生が指揮をする予定の曲を当日指揮者変更になった事、リハーサル時間が十分に確保出来ず最低限の練習しか出来なかった事等が原因と思われます。私が対策を取っておりましたが機能しませんでした。一年間に渡り、多くの困難に対し粘り強く交渉にあたられた横浜軍歌愛好会会長様に改めて感謝を致します。ありがとうございました。

  • #3

    横浜軍歌愛好会会長 (月曜日, 17 11月 2014 21:27)

    第42回軍歌際が滞りなく終了したことに正直安堵しました。雲葉42様のご指摘通り、リハーサルではうまくいってたのに本番で打ち切られたのは残念でした。しかしながら軍楽隊の演奏は流石でした。迫力が違います。
    今回最後の演奏に軍楽隊の皆様に出演していただいたことが小生として悔いなく軍歌際に終止符をうつことができました。
    高澤先生、田中先生、投稿していただいた森様、軍楽隊の皆様にあらためてお礼申し上げます。

  • #4

    Michell Digirolamo (木曜日, 02 2月 2017 21:39)


    Stunning quest there. What happened after? Take care!