大阪軍歌の集い定期練習会

平成29年2月24日(金)於:ラーク

今回の練習会は通常の会員が全員勢ぞろいとなりました。ピアノの先生が来られるや否や即練習会となりました。ラバウル灰田様の「燃ゆる大空」を皮切りに奥様の「雪の進軍」、スイロネフ37様の「紀元二千六百年頌歌」、会長からは「満州帝国皇帝陛下奉迎国民歌」、M様からは「関東軍軍歌」、鴬餅様からは「若い瞳」、N様からは「一億総進撃の歌」、雲葉42様からは「あゝ草枕幾度ぞ」が披露され、あっという間に一巡しました。その後は「大尉の娘」「鈴懸の径」「あゝ神風特別攻撃隊」「買物ブギ」「嗚呼北白川宮殿下」「あゝ日本人は立ち上がる」「敵の炎」「森の小径」「赤いランプの終列車」「戦友の遺骨を抱いて」「戦陣訓の歌」「ああ梅林中尉」「空の神兵」を2巡かけて熱唱しました。締めの歌として全員で「アッツ島決戦勇士顕彰国民歌」を唄い、お開きとなりました。皆様、お疲れ様でした!!!!

横浜軍歌愛好会定期練習会

平成29年2月21日(火)於:YOKO

もう2月になってしまいました。月日の経つつのは早いものです。さて、本日の練習会では、元船舶輸送潜航艇隊隊歌、いわゆる「まゆる部隊隊歌」を浪花節上等兵様の歌で皮切りに、続いて昭和7年2月20日に上海廟行鎮の戦闘で壮絶な死を遂げた3人の工兵を称える歌「爆弾三勇士」を横浜のM様が唄い、その後、空に因んだ歌軍歌を次々に唄いました。まさに楽しい練習日となったことは間違いありません。

空の歌は「飛燕戦闘隊隊歌」、「搭乗員節」、「飛練節」、「防空監視の歌」、「海鷲だより」、「空征く日本」、「防空の歌」、「護れ大空」、「護れわが空」です。

常連の東京のN様、久々の夕立様、重鎮のK様もお疲れ様です!!皆様、愛唱歌がレベルアップした唄えるように、張り切って練習されました。今回は雲葉42様、はや会長が欠席で大変残念でしたが、皆様十分に満悦した練習会になりました、〆は全員で「愛国行進曲」を合唱し、お開きとなりました。次回の練習日もよろしくお願いします!!!(伊予丸 記)

大阪軍歌の集い定期練習会

平成29年1月20日(金)於:ラーク

合同軍歌会(1月7日開催)後、本年初めての大阪軍歌の集いが開催されました。残念ながらスイロネフ37様、堺のN様が欠席されましたが、新しい会員が参加されました。HNは「やすはらさん」であります。やすはらさんは灰田勝彦と春日八郎ファン、そして中島みゆきもお好きということで今後楽しみになりました。歌唱のほうはラバウル灰田さんの「加藤隼戦闘隊」を皮切りに「乙女の祈り」をラバウル灰田夫人と雲葉42様が熱唱。鴬餅様からのご希望ではや^会長と「アッツ島決戦勇士顕彰国民歌」をフルで唄い切りました。続いてはや^会長より「満州帝国皇帝陛下奉迎国民歌」を横浜軍歌愛好会定期練習会に引き続き披露。伊予丸さんからは「日本の母の歌」「われらをみなは」、スイロネフ37様が「国民進軍歌」を歌われ、やすはらさんは「愛国行進曲」を熱唱され会は大いに盛り上がりました。続いて雲葉42様とラバウル灰田夫人による「蘇州の夜」を熱唱されました。この歌は7月の合同軍歌会でも披露されそうですね!!!

会の後半はやすはらさんが灰田ファンということもあってラバウル灰田さんと「新雪」「アルプスの牧場」さらに雲葉42様を交え「お玉杓子は蛙の子」を熱唱。鴬餅様の自衛隊歌「この国は」はいつ聞いても良い歌ですね。あっという間の2時間でしたが、締めとして「ラバウル海軍航空隊」を歌いお開きとなりました。皆様お疲れ様でした!!!!

横浜軍歌愛好会定期練習会

平成29年1月17日(火)於:YOKO

1月7日合同軍歌会後の初めての定期練習会を開催しました。今回は満鉄会発足の年なのか満州の歌が多く歌われました。練馬の暇人さんがお持ちだった多くの満州に因む歌となり、今からにして練馬の暇人さんの功績を実感しました。はや^軍歌会長より「一りんしゃ」「満州帝国皇帝陛下奉迎国民歌」、雲葉42様より「護れ満蒙の生命線」等々を皮切りに伊予丸様の「われらはみなは」「往けよますらお」が熱唱されました。

浪速節上等兵様、皇国の歌姫様、雲葉42様による「パラオ恋しや」も良かったですね。岡晴夫を偲ぶには最高の歌ですね。皇国の歌姫様の「馬賊の歌」、雲葉42様の「なみ木のざんぱつ」、浪速節上等兵様の「身代わり警備」「ハワイ海戦の歌」も良かったです。東京のN様は「さくら進軍」「ラッパ節」「白頭山節」熱唱。圧巻は雲葉42様、浪速節上等兵様、皇国の歌姫様による「銃後の日本大丈夫」でしたね。歌唱中に何かの拍子でよろめき、まさに588姉さんが私も歌わせてよばかり中に入ってきたような気がしました。きっと召された後でも588姉さんも横浜軍歌愛好会の定期練習会では降臨されてきている気配を感じた一瞬でした。最後は今年初めての会でしたので「横浜軍歌愛好会讃歌」でお開きとしました。今回は重鎮のK様、N様が所要で欠席されたのが残念でしたが、楽しい練習会となりました。皆様お疲れ様でした!!!!

大阪軍歌の集い定期練習会

平成28年12月16日(金)於:ラーク

大阪軍歌の集いにおいても1月7日の合同軍歌会に参加される皆様の練習を中心として考えてましたが、今回は今は無き間宮ママの八回忌を偲び献杯を行ってからの開催となりました。ラバウル灰田様による「兄は往く」、はや会長による「大神回天隊の歌」、ラバウル灰田婦人による「広東の踊り子」をそれぞれ熱唱されました。さらにラバウル灰田様による「高原の月」も良かったです。練馬の暇人さんへの追悼歌としてスイロネフ37様が「戦陣訓の歌」を披露。同様に雲葉42様とN様による「大亜細亜獅子吼の歌」熱唱。さらに練馬の暇人さんへの追悼歌として「弾雨を衝いて」をスイロネフ37様、N様、はや会長のバックコーラス付で歌いました。合同軍歌歌には残念ながら参加されない鶯餅さまは「この国は」をM様は「徐州」を熱唱。今回の最大の盛り上がりはなんと言っても「満州鉄道唱歌」でしたね。雲葉42様の手作りの歌詞とイラストを見ながらほぼ全員で熱唱しました。さらに圧巻はラバウル灰田婦人の「私の鶯」でしたね。ずいぶん練習されていた状況を読み取ることが出来ました。相当難しい曲ですがうまく歌われてました。最後は「熱砂の誓い」でお開きとなりました。皆様お疲れ様でした!!!

横浜軍歌愛好会定期練習会

平成28年12月12日(月)於:YOKO

本年最後の横浜軍歌愛好会の定期練習会を行いました。今回は来年1月の合同軍歌会の準備と当日の歌の練習を兼ねてほぼフルメンバーでの参加となりました。風邪をおして準備に駆けつけてくれたM様、忘年会の前に合同軍歌会の準備のために駆けつけて手伝いをしてくれた伊予丸様ありがとうございました。練習は当日のプログラムの順番で開始!!トップバッターは皇国の歌姫様と雲葉42様による「アラカンの夜明け」続いて婦長による「海の勇士」、はや会長による「大神回天隊の歌」と続きました。皇国の歌姫様の「凱旋」はバックコーラス付で当日が楽しみになりましたね。東京のN様による「カタカナ忠義」も良かったです。圧巻は「北はアムール」。この曲は588姉さんと練馬の暇人さんへの追悼歌として雲葉42様がは満鉄有志の皆様と歌われました。両婦長による「決戦むすめ」の熱唱も最高!!重鎮のK様は「湖上の尺八」「進軍の歌」を披露。浪花節上等兵さんは「女性進軍歌」を熱唱されました。さらに雲葉42様による練馬の暇人様追悼歌として「弾雨を衝いて」をバックコーラス付で熱唱。婦長による「マニラの街角」も良かったですね。当日は大阪のラバウル灰田様とのデュエットとのことで更なる楽しみとなり、あっという間の2時間が過ぎお開きとなりました。皆様お疲れ様でした!!!!!

大阪軍歌の集い定期練習会

平成28年11月25日(金)於:ラーク

今回は新年の合同軍歌会への練習ということでラバウル灰田さんは「高原の月」「春の歌」、奥様とともに「花白蘭の歌」そしてスイロネフ37様は「母の歌」「農民歌 国の幸」「戦陣訓の歌」、M様は「アッツ島」「決戦の大空へ」「広瀬中佐」、ラバウル灰田夫人は「私の鶯」「広東の踊り子」雲葉42様は「弾雨を衝いて」そしてN様と他界された練馬の暇人さんの追悼歌として「大アジア獅子吼の歌」を熱唱。

その場にいらしたお客様は「麦と兵隊」「ラバウル小唄」「大空に祈る」等を熱唱されました。

最後の締めの曲は全員で「燃ゆる大空」を熱唱しました。

皆様お疲れ様でした!!!!!

横浜軍歌愛好会定期練習会

平成28年11月21日(月)於:YOKO

来年1月7日の合同軍歌会まで約一ヶ月ちょっととなりました。今回の定期練習会はまさに本番を意識した練習会となりました。さらに今回はかねてより当会に理解を示されている満鉄会の重鎮である山口さんがわざわざ熱海より駆けつけていただくという大変意義のある会となりました。

満鉄会に関わる当会のメンバーは雲葉42様、浪花節上等兵様、今は亡き588姉さん、本日は多忙のため欠席を余儀なくされた品川のI様、大阪のスイロネフ37様と数え切れない面々がいます。それにしても山口様のお元気さに驚かされました。

そして定例会スタート。トップは横軍会長による「大神回天隊の歌」を皮切りに、I婦長の「決戦むすめ」そして山口様と横浜のM様による「戦友」、更にやはり横浜のM様による「決戦の大空へ」と進みました。軍歌の巨匠H山様による「わが家の風」、伊予丸様による「命を捨てて」を熱唱。浪花節上等兵様は「大陸の兄弟」を披露。

圧巻は山口様、雲葉42様、浪花節上等兵様による「北はアムール」でしたね。山口様は満鉄会のロゴ入りちゃんちゃんこを羽織り熱唱されました。更に「満鉄社歌」熱唱されたときには会は最高潮に達しました。今回、紅一点で頑張ったのはI婦長でしたね。「海のつわもの」「マニラの街角で」を熱唱されたときにはまさに絶好調そのものでした。

会の後半ではH山様より「大アジア獅子吼の歌」が要望され、まさに先日他界されました練馬の暇人様が歌ってほしいと言わんばかりの絶妙のタイミングの中、H山さまと雲葉42様が熱唱されました。

最穂は全員で「横浜軍歌愛好会賛歌」を唄い終了しました。

皆様お疲れ様でした!!!!!

大阪軍歌の集い定期練習会

平成28年10月21日(金)於:ラーク

今回の定期練習会は常連の鶯餅さんが翌日東京で行われる帝国陸海軍軍歌大演奏会の出席されるため大阪での定期練習会は欠席となりました。その他のメンバー全員集合。横浜での練習会と同様に1月の合同軍歌会での歌を中心に皆さん熱唱されました。

「大神回天隊の歌」をはや^会長、「緑の小径」はラバウル灰田さん、「南の花嫁さん」をラバウル灰田夫人がそれぞれ熱唱しました。「戦陣訓の歌」、「北はアムール」をスイロネフ37様と雲葉42様のコンビで熱唱。スイロネフ37様の愛弟子であるカンタローさんによる「出せ一億の底力」を唄われ、ラークの常連さんである太田さんが「日本陸軍」を唄われました。良かったですね。ラバウル灰田夫人は「私の鶯」を高い声を駆使しながら歌われました。月を追うごとに上手に唄えるようになりました。

3巡目では「楽しい満州」を雲葉42様、スイロネフ37様により披露されました。飛び入り参加された太田さんが「陣中髭くらべ」をカンタローさんと熱唱されたのが印象的でした。お開きの歌は「建設の歌」「紅い睡蓮」入りで全員熱唱。あっという間に2時間」が過ぎました。皆様お疲れ様でした!!!!!

横浜軍歌愛好会定期練習会

平成28年10月12日(水)於:YOKO

今回の定期練習会には久しぶりという表現が正しいかどうかわかりませんが、重鎮のH山さんが参加していただき、会を大いに盛り上げていただきました。会が始まる前に、前回の落丁を始めとした歌集の整理を行いましたが、思いのほか時間がかかりましたので、結果として一人2曲の練習会となりました。また、当日はI婦長の誕生日ということでYOKOマスター、ママの計らいで会終了後、誕生日のお祝いをすることとなっており充実した会となりました。また、雲葉42様も若干過ぎましたが誕生日のお祝いも一緒に行い、終始賑やかな会となりました。

さて、皆さんの唄われた軍歌は次の通りでした。

やはり、来年1月の合同軍歌会に向けての軍歌、戦時歌謡が中心となり、スタート。まず初めにはや^軍歌より「大神回天隊の歌」が披露され、続いて両婦長により「女子挺身隊の歌」(輝く黒髪)を熱唱され、いつも通り息の合った歌声を聞かせていただきました。更にH山さんと雲葉42さんによる「台湾沖の凱旋」を熱唱。こちらも息ピッタリで銀座「知」時代を彷彿させる歌声を聞かせていただきました。皇国の歌姫さんは「大東亜決戦の歌」が、東京のN様からは「飛練節」、更に雲葉42様より「艦上機恙なし」が披露され、皆さん1月の準備は万全のようでした。2巡目に入り、はや^軍歌より「戦艦大和の歌」、皇国の歌姫さんより「特幹の歌」が披露された後、H山さんより「決戦むすめ」を熱唱され、「アラカンの夜明け」を雲葉42様より、「花の広東航路」を伊予丸様より熱唱されました。

11月が近づくと思い出しますが、昨年の同時期に行った「知覧」でご一緒した588姉さんが、最後に採譜した「満州鉄道唱歌」を雲葉42様が万感の思いで熱唱された後、「大東亜聖戦の歌」で本日の定期練習会をお開きとさせていただきました。

その後、全員でI婦長、雲葉42様の誕生日をお祝いし、H山さんの「ハレルヤ」で更なる盛り上がりにしていただきました。

皆様、お疲れさまでした!!!!!(ケーキを囲んでの写真は後日配信予定)

雲葉42様とH山さんの久しぶりの熱唱

I婦長と雲葉42様の誕生日を祝って乾杯

大阪軍歌の集い定期練習会

平成28年9月21日(水)於:ラーク

台風16号の影響で開催を心配してましたが、前日には通り過ぎたため7名の参加により定期練習会を開催しました。残念ながら堺のN様が欠席でしたが、9月19日に小松にて開催されました「航空祭」には参加された由、次回の定例会ではゆっくりとその話を聞きたいものですね。会を開催する前に持込曲の整理を全員で行いました。「戦陣訓の歌」(其れ戦陣の)が見当たらず次回に補完することとなりました。

さて、ピアノの先生が到着されるや否や雲葉42様、スイロネフ37様、ラバウル灰田夫人が難曲「私の鴬」に挑戦。確かにキーの高さが高く、最後に行くほど更に高くなり、その難しさがわかりましたが皆さんよく歌い切りましたね。来年1月の合同軍歌会ではラバウル灰田夫人が挑まれるとのこと、是非聞きたいものです。

続いてラバウル灰田様による「兄は往く」が披露され、相変わらずの美声を聞かせていただきました。はや会長は「大神回天隊の歌」を熱唱。この曲も来年の合同軍歌会にて唄う予定。続くスイロネフ37様「点数のうた」が熱唱されました。よい歌でしたね。鴬餅様はいつも通り楽譜、歌詞持参で自衛隊隊歌「中央即応集団隊歌」を披露されました。自衛隊の底力を感じさせるよい歌でした!!!!

雲葉42様「北はアムール」を熱唱。これも来年の合同軍歌会で唄われる予定とのことでした。続くラバウル灰田夫人も合同軍歌会にて唄う「花白蘭」を熱唱されました。その後は「戦艦大和の歌」「鈴懸の径」「楽しい満州」「碧空遠く」等々が披露、熱唱され、あっという間の2時間でした。締めの曲は大阪より千葉に眠る588姉さんのご冥福をお祈りしながら「殸なき凱旋」を心を込めて歌いました。

皆様、お疲れ様でした!!!!

横浜軍歌愛好会定期練習会

平成28年9月13日(火) 於:YOKO

先月の例会は台風の為、練習会発足後初めての中止となりました。今回は夕立さんを除いてほぼフルメンバーの8名が参加となり賑やかな練習会となりました。会に先立ち、かねてから飯塚先生ファイルを整理したいとの意向を受け、いつもより30分早く集まり、参加者にて整理しました。結果、次回の練習会でファイリングすれば完成し、更に選曲しやすくなる予定です。

一同、達成感に浸る!!!!

その後、軍歌練習会スタート。浪花節上等兵さんとI婦長による「女性進軍歌」を皮切りに「大神回天隊の歌」「大空に祈る」「めんこい子馬」「かえり船」をはや会長、I婦長、横浜のM様が熱唱。続いて東京のN様が「軍隊のぞき節」、重鎮のK様が「満州行進曲」、更に浪花節上等兵様が「アラカンの夜明け」と一巡しました。

二巡目で久しぶりに聞きました「緑の地平線」が婦長より、「梅と兵隊」「さくら進軍」N様、M様が熱唱されました。K様による「空中艦隊の歌」も良かったですね!!

その後、ほぼ三巡し、お開きが近づくころ、出ましたね。伊予丸さんの「台湾軍の歌」と雲葉42様と婦長による「乙女の戦士」が。どちらも精一杯熱唱されました。また、東京のN様から会長とともに「特攻隊節」を唄いたいとの要望があり、熱唱。これは昨年の知覧で今は亡き588姉さんと一緒に唄いたかった歌ですが、当時周りの雰囲気を察して唄えなかった歌です。

そして締めの曲は「横浜軍歌愛好会讃歌」を選び熱唱し、最後の盛り上がりを確認しました。

皆様、お疲れ様でした!!!!!

横浜軍歌愛好会定期練習会、大阪軍歌の集い定期練習会合同報告

横浜 平成28年7月19日(火)於:YOKO 大阪 7月22日(金)於:ラーク

合同軍歌会(7月9日開催)の余韻が冷めやらぬ中での定期練習会の開催となりました。

横浜では最初の1時間は合同軍歌会の反省会を行い、堺のN様のパフォーマンス、雲葉42様のハリマオ姿について評価が集中。残念なのは両国の歌姫様の参加曲である「大日本行進曲」が3曲あって持ち歌と違っていたため唄えなかったことでした。反省として次回の合同軍歌会からは「出だし」の確認をすることを確認しました。後半スタートは重鎮のK様による「樋口大尉」でしたね。合同軍歌会でも聞かせていただきましたが素晴らしい歌でした。また、雲葉42様の「国民学校の歌」が初披露されました。東京のN様による「さくら進軍」も熱唱され盛り上げました。最後は8月4日の大東亜聖戦祭に向けて「大東亜聖戦の歌」を全員で唄い、お開きとなりました。

大阪では福岡のH様が飛び入り参加され会を盛り上げてくださいました。今回の参加はほかにラバウル灰田夫妻、鴬餅様、雲葉42様、スイロネフ37様、はや^軍歌で今回の参加者全員が8月4日の大東亜聖戦祭に参加予定。大阪で熱唱されたのは「点数の歌」「ラバウル海軍航空隊」「必勝歌」「この国は」「用心づくし」「加藤隼戦闘隊」「湖畔の乙女」「壮行譜」「青空遠く」等々でした。鴬餅様が唄われた自衛隊歌「この国は」の出だしに「この国はふるさとの国ぞ この国は父母の国ぞ 美しき・・・・・」があります。日本人に生まれてよかったとつくづく感じました。鴬餅様素晴らしい歌を歌っていただきありがとうございました。大阪でのラスト曲も「大東亜聖戦の歌」でした。

皆様お疲れ様でした!!!!!

    横浜軍歌愛好会定期練習会

    大阪軍歌の集い定期練習会

大阪軍歌の集い定期練習会、横浜軍歌定期練習会合同報告

大阪 平成28年6月17日(金)於:ラーク  横浜 6月21日(火)於:YOKO

第26回合同軍歌会まで余すところ3週間となりました。両練習会ともに当日披露される軍歌を斉唱しました。大阪ではラバウル灰田夫人の「愛馬花嫁」を皮切りに旦那様のラバウル灰田さんによる「お玉杓子は蛙の子」を披露。雲葉42様の「軍国舞扇」、スイロネフ37様の「四条畷」も圧巻でした。残念ながら常連の鴬餅さんや堺のN様が所要で欠席されましたが7月9日の合同軍歌会に向けて十分なる練習ができました。

横浜での練習会では合同軍歌会の出席者がほぼ参集され、当日の準備をピアノのI先生と行い、練習スタート。伊予丸さんの「足曳き」婦長による「勝ち抜く僕ら少国民」「希望の乙女」を披露した後、雲葉42様の「軍国舞扇」を両婦長の正に舞踊を従え熱唱されました。3人のご満悦の顔が物語ってますね。重鎮のK様は「興亜行進曲」、浪花節上等兵さんは「鍾馗呑龍新司偵」、夕立さんの「空から轟沈」「東京陸軍少年飛行学校」を熱唱。当日の3曲を参加者全員が唄い、再確認した軍歌会でした。最後は588姉さんを偲び「殸なき凱旋」で終了しました。

7月9日まで皆さまお体をご自愛ください。お疲れ様でした!!!!

大阪軍歌の集い定期練習会

軍国舞扇(両婦長による踊り付き)

横浜軍歌定期練習会

横浜軍歌定期練習会、散兵線訪問、大阪軍歌の集い定期練習会

横浜 平成28年5月17日(火)於:YOKO  散兵線 5月18日(水) 大阪 5月20日(金)於:ラーク 
今回は纏めて報告します。一言でいうと今週の軍歌活動は熱い週でしたね。

17日(火)の横浜軍歌定期練習会での最大のトピックは浪花節上等兵さんの参加です。昨年末に奥様である588姉さんの逝去に伴い軍歌活動を自粛されてましたが、奥様の陰ながらの後押しがあっての参加となったのではと思います。そのようなこともあって大変な盛り上がりでした。参加者10名は7月9日(土)合同軍歌会に向けての歌唱練習をして最後に「殸なき凱旋」を唄い、お開きとなりました。

18日(水)は軍歌DVD2枚を神戸の「散兵線」に届けるために訪問しました。散兵線のオーナーが5月初めにトレインフェスタに行き、岳南鉄道のブレーキ臭がする部品の話で盛り上がっているところに、重鎮の自衛隊協力本部の美人M様来場。談義再開!!

更に軍装され来場された皆様と挨拶を交わし、記念撮影をして店をあとにしました。楽しい会話ありがとうございました。

20日(金)の大阪軍歌の集い定期練習会は今までに最も大勢になり、盛り上がった会となりました。それは大阪の通常のメンバーが全員そろったことに加えて、横浜の「夕立さん」、さらに横浜で久しぶりに参加された「浪花節上等兵さん」も駆けつけてくれたからです。総勢11名の軍歌会となりました。588姉さんに採譜していただいた「満鉄唱歌」を雲葉42様、スイロネフ37様に歌っていただいたのを皮切りに、「軍国舞扇」は雲葉42様とナレーションは堺のN様でいきなりボルテージアップとなりました。

「ジャワのマンゴ売り」、「お玉杓子は蛙の子」はラバウル灰田様、「少年兵を送る歌」は夕立様、「野菊の勇士」は浪花節上等兵様、「敵白旗を揚げるまで」を堺のN様、「関東軍軍歌」を神戸のM様、「栄光の旗のもとに」を鶯餅様、「愛馬花嫁」はラバウル灰田夫人がトライされてました。中でも圧巻なのは「野末の十字架」です。雲葉42様の歌で始まりバックコーラスでスイロネフ37様が唄われる中、堺のN様が十字架と薔薇を胸に横たわる役をやる予定をされるとか・・・・・あっという間の3時間でした。最後はやはり「殸なき凱旋」で588姉さんを偲びました。皆様お疲れ様でした!!!!!

横浜軍歌定期練習会(5月17日)

散兵線訪問(5月18日)

大阪軍歌の集い定期練習会(5月20日)

「第28回同期の桜を歌う会」に参加して

平成28年4月2日(土)於:大阪護国神社

東京靖国神社で行われる「同期の桜を歌う会」とほぼ同時に行われる大阪護国神社で行われた「第28回同期の桜を歌う会」に参加してきました。東京では来賓挨拶の後、コーラスガールが主体となり皆で軍歌を歌うのに対し、大阪では塚本幼稚園児や歌手の梅谷裕子さんの軍歌により会場を盛り上げていました。それにしても噂には聞いてましたが塚本幼稚園児による「教育勅語」は圧巻でした。それに終了後に褒めると就学前の園児が「ありがとうございます」と頭を下げて挨拶ができていることに驚きました。実に礼儀正しく気持ちの良い時間となりました。教育の重要性をあらためて実感しました。続いて梅谷裕子さんの君が代行進曲、軍艦行進曲から蘇州夜曲、夜来香、上海の花売り娘等々、最後は同期の桜で最高潮に達し、会場に集まった皆さんと一体となりました。素晴らしかったです!!!!

会が終了するや否や、大阪懐メロ会の重鎮を皮切りに合同軍歌会の天山さんを含めた皆様の軍歌披露が始まりました。横浜軍歌愛好会のT様もこの会に参加されており大いに盛り上がました。皆様お疲れ様でした!!!

   塚本幼稚園児による軍歌等の披露

梅谷裕子さんの懐かしの軍歌披露(ラークママも参加)

  大阪懐メロ会、合同軍歌会による軍歌披露

横浜軍歌愛好会定期練習会

平成28年3月15日(火) 於:YOKO

今回定期練習会では新しい仲間が参加されました。ハンドルネームは「甲種合格」さんです。横浜軍歌愛好会のHPを見られ、是非参加したいというメールを発信され、今回の参加となりました。参加者はピアノの先生を入れて10人の練習会となりました。

甲種合格さんは「逃避行」をはじめ3曲唄われましたね。なかなかの美声をお持ちでした。圧巻は雲葉42様と皇国の歌姫さんによるジャワシリーズでした。「ジャワ旅愁」「バタビアの夜は更けて」「ジャワのマンゴー売り」を楽しそうに唄われる姿は羨ましい限りでした!!!

重鎮のK様、夕立様、伊予丸様、横浜のM様もそれぞれ持ち歌を披露されてました。伊予丸様に至ってはピアノ先生の一回の伴奏で見事に唄い切りました。一同脱帽!!!!

3巡したのち、昨年末逝去されました588姉さんを偲び、「殸なき凱旋」を唄い、「横浜軍歌愛好会賛歌」でお開きとしました。皆様、お疲れさまでした!!!!!

 

「LARK祭り100回記念スペシャルチャリテイライブ」に参加して

平成28年2月29日(日)於:大阪帝国ホテル

「大阪軍歌の集い」を毎月1回西中島南方のLARKで行ってますが、この度オーナーである池上まどかさんが主宰するLARK祭りに参加してきました。何と100回記念ということで約300名に及ぶ参加者が集まり、ライブを堪能した次第です!!!

来賓の挨拶の後、一般歌唱の方々の熱唱に引き続き友情出演として「横浜軍歌愛好会」と「軍歌を歌い継ぐ会」の合同メンバーが灰田勝彦の「新雪」を熱唱しました。時間の都合で2コーラスということでしたが結果としてフルコーラス唄わせていただき、良い思い出となりました。LARKさんと懇意にされている歌手の方々がそれぞれの持ち味で唄われ、100回目のライブに彩を添えた素晴らしい会となりました。参加者である雲葉42様、ラバウル灰田ご夫婦、スイロネフ37様お疲れ様でした!!!!

「三枝万祐新春の集い」に参加して

平成28年2月14日(土)於:赤坂陽光ホテル

「芸能界は2月が新春です」と言う三枝万祐さんの挨拶の後、恒例の「三枝万祐新春の集い」が始まりました。横浜軍歌愛好会からは横浜のM様とはや~軍歌が参加しました。三枝万祐後援会の宴会部長様より乾杯の音頭があり、終始和やかな雰囲気の中で推移しました。此れも恒例でありますが、従来のビンゴからバレンタインデイとして配られたチョコレート袋の中に入っている「魚編」の文字を読み上げて、万祐さんから有意義なプレゼント(?!)を頂く方式に変更され、参加者がそれぞれいただきました。ありがとうございました。

その後は、軍歌を唄い、横軍もかなり歌い、楽しい会でありました。皆様お疲れ様でした!!!

  横浜軍歌愛好会定期練習会(於:YOKO)

横浜軍歌愛好会定期練習会

 

平成271215日(火)於:YOKO

 

今回は来年19日の合同軍歌会の準備の為、いつもよりやや早めに会員が集合し曲目の確認、附箋貼りをしました。連帯感があるので即終了。そして、会員の持ち歌を順番に斉唱。今回は浪花節上等兵、588姉さん夫婦が欠席されましたので、お二人が唄われる予定の「満州鉄道唱歌」を雲葉42様、「軍神西住大尉」を夕立様が斉唱。重鎮のK様が当日のトップバッターとして「ああ江田島」を披露。会長による「あれが僕等の青春だった」、東京のN様より「さくら進軍」、伊予丸様による「皇御国」を披露され、まさに本番そのものの盛り上がりでした。本年最後の横浜軍歌愛好会の定例会となりましたが最後は「熱砂の誓い」+「紅い睡蓮」(皇国の歌姫)で締めました。皆様疲れ様でした!!!!!

 

横浜軍歌愛好会 博多、知覧の旅

平成27年11月6日(土)、7日(日)於:博多、知覧

横浜軍歌愛好会会員による博多、知覧の旅がようやく実現しました。博多駅コンコースに6日(土)午後6時半横浜軍歌愛好会のメンバーが集結、その後博多アンカーに乗艦。療養中の588姉さんの声も聞けて全員安堵しました。博多アンカーでは横軍メンバーが3巡~4巡の軍歌斉唱でした。翌日は鹿児島中央駅に午前9時半に集合。知覧特攻平和会館に向けて出発。昼食は鳥浜トメさんゆかりの地である富屋食堂でトメさん弁当をいただきました。弁当が出来上がる時間が少しあったので「ホタル館」を見学。当時の状況を実感した貴重な体験でした。昼食後はいよいよ知覧特攻平和会館を訪問、二十歳そこそこの若人が国のために身を捧げた直前の遺書を読むと心が痛み、頭が下がる思いの連続でした。あらためて英霊に合掌。

夕方、市内に戻り、鴨池公園にある鹿児島海軍航空隊の碑の前で鹿児島海軍航空隊隊歌を斉唱。英霊に対し誠を捧げました。

午後7時には「吉田類の酒場放浪記」の執筆者であり、詩人でもある吉田類氏も訪れたという「軍国酒場」に繰り出し、懐かしいレーザーディスクによる軍歌を会員一人一人が披露。そこに鹿児島美人2名が「怖いもの見たさに訪問された」とのことでしたが、着席されるやいなや横軍の女性会員であるWさんと打ち解けて歓談。楽しそうでしたね。メジャーな軍歌がほとんどでしたが、最後は「太平洋行進曲」で2日間の旅をしめました。

この旅に参加されました浪花節上等兵さん、588姉さん、W愛ちゃん、雲葉42さん、堺のNさん、ゆうだちさん、伊予丸さん、戦場カメラマンさん、福岡のHさん、皆様、お疲れ様でした!!!!!

    博多アンカーにて軍歌熱唱

 富屋食堂前で鳥浜トメさんを偲び記念撮影

知覧特攻平和会館前で英霊に敬意を表し記念撮影

「軍国酒場」で鹿児島美人と一緒に軍歌熱唱


帝国陸海軍大演奏会・軍装会見学および偕行社にて

平成27年10月17日(土)於:ニッショーホール(虎の門)、偕行社(市ヶ谷)

栗林那須戦争博物館館長主催の新生軍歌際がニッショーホールで開催されました。主催者発表で800名の参加。実際はそれほど参加されていた様子はなかったが・・・・・。迫力では高澤先生の率いる軍楽隊にはかなわないと思いましたが、本日の開催までに相当な練習をされてきた感は伝わりました。行進曲は少なく、歌唱を主としていたにもかかわらず、歌手が歌うのかと思ったら単に演奏のみという場面が多くあり残念でしたね。参加者全員に「唄いましょう」と声をかけたら、もっと盛り上がったと思います。

なにはともあれ、新生軍楽隊による演奏会は終わりましたが、途中で国旗が垂れるというハプニングがあり、興ざめした会でもありました。その後、有志が偕行社に集結。食事後、尾崎先生の演奏の元、軍歌斉唱で盛り上がりました。雲葉42様の「万歳ヒットラーユーゲント」の迫力は満点。続く有志も元気溌剌。先客の自衛隊ご出身のギターとハーモニカの自演も最高でした。

昼間の軍歌際の消化不足を偕行社で発散した1日でした。皆様疲れ様でした!!!!!

   帝国陸海軍軍楽隊大演奏会・軍装会

    偕行社での参加者記念写真

大東亜合唱団海保団長を囲んで

平成27年10月15日(木)於:美津(練馬)

市ヶ谷駐屯地の皆様も足しげく通われる練馬の倶楽部「美津」にて海保団長を囲んで懇談、軍歌斉唱を行ってきました。海保団長の作成のDVDにより自衛隊の歌から始まり、雲葉42様、横軍会長から「学徒空の進軍」「仰げ軍功」・・・・・・時間の許す限り軍歌斉唱しました。流石、団長の作られた軍歌DVDは完成度も高く、気持ちよく歌えました。隣に居合わせましたお客さんがプロの写真家ということで三人のスナップを撮っていただきました。

横軍が持参したカメラで撮っていただいたのでよい記念になります。

美津ママ、大ママも清々しく歓待していただきました。ありがとうございました!!!!

呉軍歌の会 

平成27年8月31日(月)於:いせ屋&好機(チャンス)

10か月ぶりに呉を訪問しました。午後6時に「いせ屋」さんに到着。既に呉三水会のH様、軍華さんが着席されており、三笠様とS様も相次いで駆けつけ、全員勢揃い。早速、「海軍さんの肉じゃが」「トンテキ」「ビフテキ」に舌鼓みを打ちつつもあらためて各メンバーの挨拶、近況を報告しあいました。三水会のH様は地元でも有名な愛情あふれる元警察官で、朝日新聞に6段抜きで紹介されたこと、軍華さんは海上自衛隊出身で海のない岐阜に赴任されたこと、またS様が幼少のおりH様の近くにいたことなどを話されることにびっくりしながら団欒し、あっという間に2時間がたちました。そして「好機」へ。今回は新しく制作しました軍歌DVD2枚を持参し、「呉軍歌の会」開始。やはり呉に来たならばということで「戦艦大和」を熱唱したのち各メンバーから次々に軍歌を披露されました。三笠舞子さんの活動報告をはじめ三水会の皆様の日頃の活動がひしひしと伝わってきましたね。

また、「呉」における楽しい思い出ができました。皆様、ありがとうございました。そしてお疲れ様でした!!!!!

       三笠様とS様

     三水会のH様と軍華様

    「好機」における熱唱風景

神戸軍歌の会開催

平成27年8月6日(木)於:なつめろの店「すず」、散兵線(三ノ宮)

神戸三ノ宮にあります「なつめろの店すず」に千葉県在住のまゆこさん、まゆこさんのお父様、そして以前大阪京橋にありました「軍歌酒場若鷲」のKさん、ラバウル灰田さん夫婦、雲葉42様、スイロネフ様、鳥取のK様の参加で第2回「神戸軍歌の会」が開催されました。「すず」のママさんは以前から日本でも有数の懐メロの会の会員で、出された食事もおいしく、また珍しい歌を唄うことができました。参加者全員軍歌戦時歌謡の研究者であり、レアな歌を披露していました。最後に「王様の馬」で締めくくり、すぐ近くの「散兵線」に移動しました。

「散兵線」はつい最近新店舗に移動し、以前より少し広くなって過ごしやすい店に変わっていました。Nゲージのジオラマも着々と制作が進んでおり、軍歌と鉄道(鉄道は兵器だ)の店になっていくことでしょう。傷病兵列車も並んでおり、戦前戦中の雰囲気が漂う店になっています。

「美しき編隊」や「希望の乙女」等のレアな曲が出ましたが、「希望の乙女」の映像の女性が鳥取のKさんや川崎の「皇国の歌姫」さんに似ていたことから店内が騒然となる一場面ありましたが、皆レアな曲を歌い続け6時間があっという間に過ぎ、楽しいひと時を過ごすことができました。皆様、お疲れ様でした!!!!

横浜軍歌愛好会定期練習会

平成27年5月26日(火) 於:YOKO

7月4日(土)に開催される「合同軍歌会」まで余すところ一か月ちょっととなりました中での定期練習会となりました。雲葉42様は「みたから音頭」で美女二人に囲まれご満悦のようでしたね!!!588姉さん、浪花節上等兵さん、皇国の歌姫さん、重鎮のK様、伊予丸さん、横浜のM様、皆さん当日の課題曲を練習され当日は問題なく行けますね!!横浜のK様、東京のN様は当日見学されますが楽しんでください。

皆さまお疲れ様でした!!!

靖國神社の桜の花の下で『同期の桜』を歌う会に参加

平成27年4月4日(土)於:靖國神社境内大村益次郎銅像前

雨こそ降らなかったですが、朝から曇の靖国神社で開催された恒例の「同期の桜」を歌う会に参加してきました。大東亜合唱団団長、博多アンカーのI様も参加。H山様も舞台には上がられなかったですが参加されてました。総勢15名の参加で大いに盛り上がりましたね。コーラスガールの参加人数がいつもより少なかったのが残念でしたが、いつみても艶やかで声も最高!!!!靖国神社の桜はまさに満開。日本陸軍の創始者と言われている大村益次郎銅像の前で、英霊に哀悼をささげた貴重な一日となりました。参加者の皆様、お疲れ様でした!!!!

散兵線訪問後記

平成27年4月2日(木)於:散兵線(三ノ宮)

今回の訪問の目的は翌日神戸に来られる鳥取の歌姫様に「同期の桜」の替え歌(歌詞)入りDVDを作成してもらうためでした。事前に加賀戦争博物館長と撮影した鍋谷地区(石川県能美市)の風景入りDVDです。これは、この地区にて大勢の戦没者がおられ、その哀悼を表すために作られた歌詞を永く歌い継いでいただくために作成するものであります。散兵線に行くと、すでに常連さんの自衛隊協力本部重鎮M様が大好きなビールを飲まれてました。M様は自衛隊入隊希望者を募集する重要な任務につかれてます。まさに頭が下がる思いです。というわけで、その日は撮影した風景の説明やら、自衛隊の話に熱中して軍歌斉唱が少なかったですが「戦艦大和の歌」は唄わせていただきました。皆様、お疲れ様でした!!!!!

呉における合同軍歌練習会 第2弾

平成26年12月17日(水)於:好機(チャンス)

一ヶ月前に呉にて練習会を開いて、今年は呉訪問はないと思ってた矢先、再び商用にて呉を訪れることとなりました。勿論、夕食は「いせ屋」さんにて「海軍さんの肉じゃが」と「トンテキ」を注文して呉訪問の実感を味わいました。夕食をとった後「好機」に行き、2曲ほど軍歌を歌った後、三笠舞子さんのご友人2名が到着。スポーツ指導者のU様、青少年指導員のH様ともに軍歌好きとのことでいきなり盛り上がりました。お二人に育てられる子供たちは幸せですね!!その後、三笠舞子さんがご友人(女性)を連れて登場。お二人ともきれいな方ですね。

宴たけなわの頃、10名ほどの団体さんが入りましたが、なんと海上自衛隊「とわだ」の艦長様一行でした。かなり盛り上がりましたね。艦長のS様はこの度ご勇退されるとの由、ぜひ横浜軍歌愛好会に入ってもらいたいものです。すっかり時間を忘れて、盛り上がった後、呉のイルミネーションを三笠様と見て、本日の練習会は終了しました。皆様お疲れ様でした!!!!


呉における合同軍歌練習会

平成26年11月11日(火)於:いせ屋&好機/チャンス(広島県呉市) 

2年半ぶりに呉市を訪問しました。ここには横浜軍歌愛好会より寄贈した軍歌DVDを大事に保管して頂いている「好機/チャンス」というお店があります。(横軍HPにて紹介)このお店で唄うことはもちろん楽しみですが、今回は呉在住の三笠さんご夫妻とお会いできるということで二重の喜びとなりました。午後7時に雲葉42様とご夫妻と会い、まずは腹ごしらえとして「肉じゃが」発祥のお店(いせ屋)に直行。肉じゃが、カレーライス、トンテキ、オムレツ等を若干?のお酒とともにいただきました。はっきり言って旨い。最高でした!!!90年の歴史を持つお店、4代目ご主人の大きな声は印象的で気持ちよかったです。午後8時過ぎに好機/チャンスへ到着。三笠さんご夫妻は博多アンカー所属、雲葉42様は所属は多いですが横浜軍歌愛好会の最高顧問、そして会長をしている小生と呉における合同軍歌会がスタートしました。軍歌DVDを今回5枚追加しましたので全曲合わせると800曲を超える中、休むことなく歌い続けすっかり時間を忘れました。皆様、お疲れ様でした!!!!

(大和ミュージアム見学と海上自衛隊訪問については別途ブログにて近々アップします)

「謳う会」のニ次会に参加

平成26年9月27日(土) 於:偕行社

10月18日に開催される軍歌祭のニ次会を偕行社にて行うため、尾崎先生と打ち合わせするつもりで訪れましたが東京で月に一回開催されている「謳う会」の皆様がいらっしゃいました。横浜軍歌愛好会のK様、定例会に来て頂いているH山もおられ、早速ご一緒させていただきました。尾崎先生も到着され、軍歌をはじめ戦前の歌を皆様唄いました。古くは「銀座トップ、「知」の常連客の方々が中心となって月1回I先生の演奏により楽しまれているとのことで、御年93歳のU先生もしっかりと歌われてました。F様にもお会いでき大変懐かしかったです。横浜軍歌愛好会の雲葉42様のことも聞かれ、楽しいニ次会となりました。皆様いつまでもお元気で!!!!

散兵線訪問後記

平成26年9月18日(木)於:散兵線(神戸・三宮)

横浜軍歌愛好会の推奨する店である散兵線を訪問しました。今回の目的は横浜軍歌愛好会の所有する軍歌DVDを約250曲を寄贈するために行きました。店に着いたときにすでにお客様が2名おられ、ついついお二人と話しこみました。お一人は現役自衛官であり軍医といっても過言ではないすばらしい方、もうお一方はかなり美人のやはり自衛隊協力本部の重鎮でした。店長は軍歌好きではありますが鉄道マニアでもありましたので、軍医殿もしかり、そちらの話と富士火力演習の話に花が咲きっぱなしで約3時間盛り上がりました。

次回は持ち込んだ軍歌を歌います。皆様ありがとうございました。楽しかったです。電と軍事演習の写真最高でしたね。

博多アンカー乗艦報告

平成26年8月29日(金) 於:博多アンカー

博多駅に到着すると、先ほどまで降っていた雨も上がり薄日がでるなど、約1年ぶりに博多アンカーに乗艦させていただくことへの祝砲に思えました。午後7時過ぎに博多アンカーに乗艦、春日市在住のH様が駆けつけていただき、有難うございました。今回は手土産として全国から頂いた軍歌DVDを持参し、安西艦長に贈呈いたしました。アンカー機動部隊の皆様をはじめ全国の軍歌を愛する皆様に唄っていただければ横浜軍歌愛好会として本望であります。レアな軍歌が収蔵されてますので皆さん楽しみに博多アンカーへ行って、唄ってもらいたいと思います。

札幌「頓喜」にて懐メロ、軍歌斉唱

 平成26年7月9日(水)於:頓喜(札幌)

札幌で懐かしの歌を生伴奏(アコーディオン・エレクトーン)で唄える店として有名な「頓喜」へ行ってきました。この店は「岡 春夫をしのぶ会」の店としても有名であります。マスターの佐々木さんは80歳をとっくにこえる年齢ですが、その若さ、伴奏姿、立ち振る舞いは60歳代そのもの!!若い!!そこで横浜軍歌愛好会(会長、雲葉42さん、Threewaveさん)と軍歌を歌い継ぐ会の野口名誉会長が軍歌を中心として熱唱してまいりました。札幌在住のM様も一緒になり、時間を経つのを忘れて歌い続けました。驚いたのは「頓喜」の入り口は開けっ放しとなっているためビルt中に軍歌が聞こえてるはずなのに誰も苦言が出されない状況を感じたときでした。それどころか笑いながらその唄う風景を見ながら通られた会社員の姿が印象的でした。何十年もの間、このお店で唄われた懐メロ、軍歌がこのビルにすっかりとけこんでいる雰囲気が伝わってきました。お開き前のラスト曲は「建設の歌」で全員が大きな声でビル中に聞こえるぐらい斉唱しました。

皆様、お疲れ様でした!!!!

 

 

 

「大阪軍歌の集い」による三重海軍航空隊跡地見学と伊勢神宮参拝の旅

平成26年2月22日(土) 於:三重海軍航空隊跡地、伊勢神宮

「大阪軍歌の集い」による初めての軍歌の旅を行いました。東は東京、西は鳥取から老若男女総勢23名が大阪より、貸し切りバスにて一路、三重県津市香良州浜にある三重海軍航空隊歴史記念館(若桜会館)に向かい出発しました。バスにはあらかじめ準備しておいた軍歌500曲のDVDを持ち込み、高速道路に乗るとすぐに軍歌三昧となりました。軍歌を唄っていると時間のたつのを忘れるせいか、あっという間に現地に着きました。現地では「大阪軍歌の集い」の会員である三重県津市のMさんに出迎えていただき、さっそく記念館を見学しました。その後、会館隣にある亡き英霊碑および「三重海軍航空隊隊歌」の歌詞等を見学する中、歌詞が刻まれた記念碑の前では全員で「三重海軍航空隊隊歌」を斉唱し、亡き英霊に誠を捧げたのであります。その後、昼食をとったのですが、その場所がなんと洞窟でありました。洞窟で昼食をとるのもいい気分であり、若干の酒も入りテンションはさらにアップし、伊勢神宮に向かいました。伊勢神宮では帰りの時間を考えて、僅か1時間の猶予でありましたので、各自自由散策しました。横浜からのWさん、ご高齢でもきっちり参拝されました。大変なお元気さに脱帽。帰途も軍歌の続きを行い、午後7時に大阪駅所定場所に到着。東京のIさん、鳥取のKさん帰りの電車、バスに間に合うように急いで帰られました。皆様一日お疲れ様でした。

合同軍歌会主催による軍歌の旅

平成25年12月21日(土)、22日(日) 於:那須戦争博物館、乃木神社他 

横浜軍歌愛好会と大東亜合唱団のメンバーを中心とした合同軍歌会総勢13名で21日正午、丸の内北口よりバスにて一路那須に向かいました。午後3時半には那須戦争博物館に到着。早速見学開始。外出中の栗林館長が到着され館内の説明を受け、名越先生の蔵書も見ようとしましたが、そこは安曇野のリンゴで一杯となっておりました。残念!!!。夜は栗林館長ご指名の「翠明館」にて軍歌を唄いつつ夕食をとりました。栗林館長を交え、大東亜合唱団の海保団長のDVDカラオケ(240曲)で合同軍歌会のメンバーは軍歌三昧の時間を過ごしました。翌22日は午前8時半に「翠明館」を出発し、那須御用邸近くを経由して乃木神社に向かいました。乃木大将の別邸を見学、その場におられたおばあさんが親切にいろいろ教えてくださり、ありがとうございました。乃木神社では宝物殿を見学し、栗林館長より有難いお札と宮司様より乃木大将のお酒を頂いた後、東京へ戻りました。館長、宮司様お世話になりました。乃木大将のお酒は来年1月11日の第21回合同軍歌会で参加者にふるまうことになります。今回のこの旅に参加されました13名の皆様におかれましてはお疲れになられたかもしれませんが充実した2日間であったのではと思います。